2015年01月26日

「2015年の世界経済」ドル高(円安)は続くのか

みなさん、こんにちは。大阪梅田駅から徒歩5分の税理士法人M&T
の堀田です。

本日はメットライフ生命さんの「キックオフパーティー」に参加してきました。

中でも信州大学経営大学院客員教授であり、世界最大投資銀行ゴールドマン・サックス
の顧問でもいらっしゃる上地明徳先生の講演は大変人気でした。
約300名近い方が熱心にメモをとりながら参加されている姿は印象に残りました。

講演タイトルは「2015年の世界経済」~ドル高(円安)はどこまで続くのか~
1e810463-60739.jpg

弊社社員もお客様に最新の情報をお届けするため、日々、金融知識・情報
の収集には積極的に取り組んでおります。今回は、そんな事務所の代表で参加して
参りました。

以下、講演会の内容をまとめてみましたのでご参考にされてみてください。

※あくまでも、ゴールドマン・サックスの公表している情報ですのでご参考まで。
投資は自己責任でよろしくお願い致します(証券マンの決まり台詞ですが・・・)。
ご参照:ゴールドマン・サックス ↓

http://www.goldmansachs.com/japan/careers/our-firm/basics/

【今後の株価(TOPIX)について】

2015年「1650」→2016年「1800」→2017年「1900」
現状→1月26日のTOPIX=1402.08
ご参照 http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998405.t
※根拠:日銀の追加緩和期待・円安基調(後述)・アベノミクス効果の継続・原油安(後述)

【今後の為替について】

2015年1ドル「130円」→2016年「135円」→2017年「140円」
※根拠:米国の実体経済の急回復・米国の経常収支回復(2018年に天然ガス純輸出国へ)
    ・日本の追加緩和に対して米国は金融引き締めという政策の大きな差が影響。
※転換時期:米国が「これ以上のドル高を望まない」とマスコミを通じて発表するまで
     円安基調が続くと予想。(毎日新聞読んで情報収集していかないと・・・)

【今後の原油価格について】

2015年「WTI:47.15ドル」→2016年「WTI:65ドル」
※根拠:2015年後半からアメリカとリビアが原油減産の可能性があるため原油価格が
    高くなっていく。(ガソリン代もあがるんでしょうね・・・。)

以上、主観でまとめますと、現在、全世界でアメリカのみがとっても健康で経済の体温計といわれている金利は今後上がっていきます。それに対して、ヨーロッパや日本は元気がないので体温も上がらず(金利があがらず)、金利の高いアメリカに世界のお金が集中。よってドル高円安。元気のない日本を少しでも良くしようと、日銀という心臓からどんどん血液(お金)がつくられていき、その血液が株式にむかっていく上に、金利の低い円を持っていても仕方がないので預金から株式にお金が流れて株高。原油はこれまで下がり過ぎていた理由(減産しない)がなくなっていくため今年の夏〜秋にむけて原油価格は徐々にあがっていく。といった感じでした。

印象に残ったのは、米国がこの3年間で日本国民の金融資産約1400兆円を超える約1600兆円分の含み益を株式と不動産だけで創り出していたということです。

アメリカの金融政策の力強さと影響力には脱帽いたしました。

毎日、ニュースを見ながら、「これ以上のドル高を望まない!」と米国高官等が情報発信するまで円安・株高期待で投資してみようと感じた今日この頃です。

※ あくまで、数多くある投資情報のひとつとしてご活用いただければ幸いです。



posted by 税理士法人M&T at 19:36| Comment(0) | お客様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

本日のセミナーのご報告

【価格競争に巻き込まれず高付加価値で勝負!】
~ブルーオーシャン戦略を体現する「生保部門の立上げ」とは~


と題しまして、本日、14時より弊社代表登壇のセミナーを開催致しました。
01-23@14-25-28-936.jpg
 先週のセミナーに引き続き、今週も多くの会計事務所の
先生方にご参加いただき、様々なご意見を頂きました。

・毎月実施しているお客様の決算前相談会はどのように企画し進めているのか
・保険部門について保険選任者はどのように選定するのか
・会計事務所が保険提案した時のお客様の反応は


等々、前向きなご質問をいただき、我々会計事務所の保険業界での存在意義
について話し合うことができました。

法人で生命保険に加入する際には、税務アドバイスは必須です。

無償独占業務である税務アドバイスは税理士法上、税理士にのみ
認められており、そのサービスを生命保険契約と同時にお客様に
お届けできる会計事務所の存在意義は大きいと考えます。

・決算書に基づく資金繰り、財務状況も考慮した上での保険提案、
・税制変更等にも迅速に対応しながらのアフターフォロー、等々

お客様を末永くお守りできる環境下で仕事をさせていただいている
現状に感謝をして、未来永劫お客様をお守りしていきたいと思います。

posted by 税理士法人M&T at 18:05| Comment(0) | お客様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

セミナーのご案内

本日、1月20日は「大寒」です。
読んで字の如し、1年で最も寒さが厳しくなるころです。
期間としての意味でもあり、1月20日から2月3日までを表すそうです。
幸いにも、大阪では本日の最高気温は10℃ということで、寒さは少し落ち着いているようです。
このまま、これ以上寒くならなりませんように…。
about_seminar01.png
さて、そんな寒さも吹き飛ばす、熱いセミナーを弊社代表が講師として登壇します!
詳しくは、下記をご覧ください☆
  
        記

『 会計事務所 保険部門強化プログラム 』

日時:1月23日(金)14時〜17時
会場:エッサム大阪 4F 
   大阪市中央区島町2−1−12

詳細は以下の添付データご参照ください。
   ↓↓
1月23日セミナーご案内.pdf

※ ご参加ご希望の方は堀田までご連絡ください。
posted by 税理士法人M&T at 13:40| Comment(0) | お客様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。