2015年02月26日

生命保険を活用した納税対策(自社株編)

こんにちは、税理士法人M&Tです。

本日は、「自社株を相続した時のための準備はお済ですか?」
と題しまして、相続税の納税を会社に手伝ってもらう方法を
ご紹介させていただきます。

「自社株」は、中小経営者にとって経営権を確保する重要な財産
であると同時に、相続時には悩みの種となりえます。
なぜなら、
相続時に自社株評価が高騰している場合、相続税負担が
重くなることが予想されるためです。
しかも、
◆非上場であるため、現金化が困難・・・
◆株式分散リスクがあるため、安易に売却できない・・・
そこで、
相続税の納税を会社に手伝ってもらう方法があります。
【下の図をご覧ください】
画像 (自社株 1).jpg
ただ、
このように会社に納税を手伝ってもらおうと思っても
突然の相続発生時に会社が自社株買取資金を準備することが困難なことも
あるかと思います。
そこで、
生命保険を活用すれば、下の図のように、自社株の買取りが可能になります。
画像(自社株 2).jpg
ここで注意していただきたいのは、
会社が自社株を買取るための現金を確保できても、希望するだけの
自社株を買い取れるとは限らないということです。
なぜなら、
自社株を買取る場合には、「分配可能額(※)」を上限とする、という財源規制が
あるからです。【↓ご参考】
プレゼンテーション2.jpg
ここで、
生命保険を用いれば、死亡保険金の受取りによる雑収入が発生するため、
この「分配可能額」を拡げることができます。
つまり、
生命保険を活用すれば、自社株を買い取る際に必要な「現金」と「分配可能額」の両方を
同時に確保できることになります。

生命保険は色々な財務対策や相続対策になりますので
ご興味ありましたらお声掛けください。

posted by 税理士法人M&T at 17:15| Comment(0) | 情報提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。