2013年02月14日

平成25年度 税制改正大綱より

アベノミクスの「経済右斜め上・財政右斜め上・金融右斜め上の3本の矢」より民間投資を喚起する成長戦略に着眼し新たに3つの制度が創設されました。
20130108-00000032-asahik-000-1-view.jpg

1.生産等設備投資促進税制(青色申告法人)
国内事業用で、新たに一定額の生産設備等のうち「機械装置」を取得した場合一定の要件のもと、特別償却又は、税額控除が選択できます。
適用年度:平成25年4月1日から平成27年3月31日までの間に開始する事業年度(設立事業年度を除く)
適用要件・・2要件をすべて満たす場合
@適用年度の年間総投資額>損金経理した減価償却費
A適用年度の年間総投資額>前年度の年間総投資額×110%
生産等設備・・法人の製造業その他の事業の用に直接供される減価償却資産
但し、無形固定資産・生物は除き、本店・寄宿舎等の建物・事務用器具備品・乗用自動車・福利厚生施設等は該当しません。
特別償却額・・生産等設備のうち機械装置の取得価額につき×30%
税額控除額・・生産等設備のうち機械装置の取得価額につき×3%(法人税額×20%を限度とする)

右斜め上2.所得拡大促進税制(青色申告法人)
国内雇用者に支給する給与額が一定額増額した場合、雇用者給与支給増加額に対して税額控除ができます。
適用年度:平成25年4月1日から平成28年3月31日までの間に開始する事業年度
適用要件・・・3要件を全て満たす場合
@当年度の雇用者給与等支給増加額/基準雇用者給与等支給額×5%
A当年度の雇用者給与等支給額≧前年度の雇用者給与等支給額
B当年度の平均給与等支給額≧前年度の平均給与等支給額
*国内雇用者には、役員・特殊関係者等除く
*雇用者給与等支給額とは、各事業年度の損金算入される給与等支給額        
*基準年度は、平成25年4月1日以後に開始する事業年度のうち最も古い事業年度の直前事業年度    *雇用者給与等支給増加額・・当年度の雇用者給与等支給額−基準雇用者給与等支給額  
*税額控除額・・雇用者給与等支給増加額×10%(控除限度額 大企業等は法人税額×10%・中小企業者等は法人税額×20%)
注意点・・雇用促進税制、震災特例法等に係る雇用促進税額控除と選択適用
*平均給与等については検討中のため確認が必要です。             

右斜め上3.商業・サービス中小企業等の設備投資促進税制                
経営改善に関する指導等を受けた指定事業者で一定の設備投資につき特別償却・税額控除が適用できます。
適用年度:平成25年4月1日から平成27年3月31日までの間に開始する事業年度
指定事業者・・卸売業・小売業・サービス業・農林水産業
適用要件・・商工会議所・認定経営革新等支援機関等による法人の経営改善及び指導及び助言を受けて行う設備投資等
対象設備・・器具備品(1台又は1基の取得価額が30万円以上)
建物附属設備(1の取得価額が60万円以上の) 
特別償却額・・対象設備の取得価額×30%
税額控除額・・対象設備の取得価額×7%(資本金3,000万円以下の中小企業等に限定し法人税額の20%を限度とする)

拡充された内容は、下記3項目です。

1.研究開発税制・・試験研究を行った場合の法人税額の特別控除制度についての見直し
適用年度:平成25年4月1日以後開始する事業年度(2年間の時限措置)
税額控除限度額・・法人税額の30%(現行20%)を限度とする
税額控除制度・・試験研究費の総額、特別試験研究費の額(*)、繰越税額控除限度超過額、         中小企業技術基盤強化税制、繰越中小企業者等税額控除限度超過額                 
(*)特別試験研究費の範囲に一定の契約に基づき企業間で実施される共同研究に係る試験研究費等が追加されました。

2.交際費課税・・交際費の全額が損金計上できます
適用年度:平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間に開始する事業年度
改正内容・・定額控除限度額が年600万円から年800万円に引き上げ
定額控除限度内の損金不算入10%が廃止

3.雇用促進税制の拡充
適用年度:平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間に開始する事業年度
拡充内容・・雇用者増加数1人あたり20万円から40万円へ税額控除が引き上げられる。  
適用要件の雇用者判定の基礎となる雇用者の範囲について所要の措置が講じられます。
*雇用者増加数・・当期末の雇用者数−前期末の雇用者数          
*税額控除限度額・・法人税額の10%(中小企業者は20%)          
*創設された所得拡大促進税制との選択適用となります。 
税理士 大阪
 医業 開業 会社設立 税金 不動産 税金
大阪で税理士をお探しなら、税金や不動産に強い税理士法人M&Tへご相談ください。
posted by 税理士法人M&T at 19:29| Comment(0) | 法人税会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。