2014年12月24日

言葉の意味について(クリスマスイヴの検証)

こんにちは。
税理士法人M&Tグループです。

本日は、クリスマスイブですね。
子どもはもちろん♪大人もわくわく♪
そんなクリスマスにまつわる雑学をおひとつご紹介いたします。
lgi01a201312100400.jpg
クリスマスイブは『クリスマスの前夜祭』と言われていますが、「イブ」とは前夜祭という意味ではないようです。
4世紀ごろのユダヤの暦では日が暮れると日付が変わっていたため、24日の日が暮れるとクリスマス当日になっていました。
つまり、クリスマスイブの「イブ」とは 『イブニング(晩)』の意味で、クリスマスイブはクリスマス当日の晩を指す言葉だったようです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが、本日のクリスマス雑学いかがでしたでしょうか。

それでは、みなさん!
良いクリスマスを♪
posted by 税理士法人M&T at 15:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

<年末調整>通勤手当の非課税限度額の改正

11.jpg


私たち税理士事務所の仕事で、12月になると依頼があるのは年末調整です。
扶養控除等申告書や生命保険料控除証明書等の資料がどんどん届いてきますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


平成26年分の年末調整計算につき、平成26年10月17日に通勤手当の非課税限度額の改正が公布されました。通勤に自動車や自転車などの交通用具を使用している人に支給する通勤手当の非課税限度額が引き上げられています。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

この改正は平成26年4月1日以後に支払われるべき通勤手当について適用されますが、公布が10月17日だったため10月以前に支給された給与については改正前の非課税限度額が適用されているため、非課税限度額を超える通勤手当について源泉徴収税額が多く徴収されています。

その精算は年末調整計算ですることとなっています。改正により新たに非課税となった部分の金額を計算し、本年の給与総額から一括して差し引いて年末調整計算を行います。

源泉徴収簿の所得控除額計算の右横の空欄に「非課税となる通勤手当」と表示して、新たに非課税となった部分の金額とその計算根拠を記入します。

給与所得の源泉徴収票の支払金額は、非課税とされる部分の通勤手当の金額を除いた金額を記入します。年の中途で退職した人などに対し、既に源泉徴収票を交付している場合には、支払金額を訂正し、摘要欄に再交付と記入した源泉徴収票を再度交付します。

国税庁のHPに「年末調整で精算する際の源泉徴収簿の記載例」が、掲載されています。
↓↓↓
URL http://www.nta.go.jp/gensen/tsukin/pdf/02.pdf
続きを読む
posted by 税理士法人M&T at 09:15| Comment(0) | 所得税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

今年の漢字

皆さん、こんにちは!税理士法人M&Tグループです。

日本漢字能力検定協会が毎年、12月12日に清水寺で発表する「今年の漢字」。
2014年は「税」でした。
今年の漢字.jpg
はがきやインターネットによる応募総数は16万通を超えるそうで、
人々の関心が集まっているのがわかります。

今年4月から消費税率が、17年ぶりに引き上げられたこと。
10%の引き上げの時期について議論されたことなどが主な理由だそうです。

今年の漢字「税」、皆さまはしっくりきましたでしょうか。
気になったので、歴代の「今年の漢字」を調べてみました。

2013年「輪」 20年東京五輪決定。相次ぐ自然災害にも支援の輪
2012年「金」 五輪でのメダルラッシュ、金環日食、消費税増税論議
2011年「絆」 東日本大震災などで、家族や仲間の大切さを再確認
2010年「暑」 各地で記録的な猛暑。チリの鉱山落盤事故
2009年「新」 自民党から民主党に政権交代、新制度発足
2008年「変」 米オバマ次期大統領の「チェンジ」、株価暴落
2007年「偽」 食品表示偽装が次々と。年金記録問題発覚
2006年「命」 悠仁親王の誕生。小中学生の自殺も多発
2005年「愛」 愛知県で愛・地球博。各界の「あいちゃん」活躍
2004年「災」 新潟県中越地震の発生。福井県の集中豪雨被害
2003年「虎」 阪神の18年ぶりリーグ優勝で近畿圏の景気回復
2002年「帰」 北朝鮮に拉致された日本人が日本に帰国
2001年「戦」 「9・11」米同時テロ。米のアフガン侵攻
2000年「金」 シドニー五輪での日本代表のメダルラッシュ

こうしてみると、たった15年の間にいろいろな事があったんだなと思います。
2000年と2012年は「金」で、同じ漢字が選ばれる事もあるんですね。
個人的には、2003年の「虎」が選ばれている事が懐かしかったです。

弊社は、まさに今年の漢字「税」を取り扱う税理士法人ですので、
今年だけでなく、来年も邁進してまいりたいと思います。

*「税」の字は、清水寺で今月31日まで展示されているそうです。
posted by 税理士法人M&T at 11:48| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。